とある家の壁

家の壁
関連する写真

日が暮れつつあった

東京の品川で撮影。

歩いていると、ヒタヒタと夕暮れ時が近づいてきた。あちらこちらの影が徐々に長くなってきていた。そして、長くなった影が家の壁に迫っていた。夜の帳が直ぐそこまで降りてきているのを感じる。

でも、文明の力というのは恐ろしいもので、日が沈んでも町が暗闇に包まれてしまうことはない。すぐ近くまで来ているのは感じられても、決してその姿を目にすることはないのだ。東京の都心にいる限り、「夜の帳」という言葉を体感することは難しい。

Trivial Moments by Tetsu Ozawa

写真集

TRIVIAL MOMENTSという写真集をKINDLE STOREで発売中

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

品川ってどこ?

DATA

Photo No

119

撮影年月

2005年6月

投稿日

2005年07月17日

撮影場所

品川 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

日向を歩く女の子

東京

横断歩道の黄色い傘

東京

お母さんに駆け寄る女の子

東京

向かいのホームを歩く女の子

東京

ひとりでベンチに座る女性

東京

反対側のプラットホームの女の子

東京

キャリーバッグを引く男

東京

シャッターの閉まった店先の日傘

東京

小さな神社

東京

笑う恵比寿さん

東京

荏原神社の柄杓

東京

天妙国寺の回向柱

東京

昼寝する若い女性

東京

日向で遊ぶ子どもたち

東京

閑散とした大通り

東京

横断歩道の家族連れ

東京

薔薇と男の子の像

東京

古い蔵の壁

東京

リヤカー

東京

転がる空き缶

東京

壁に浮かぶ影たち

東京

壁の前の街灯

メキシコ

壁の上を動く影

モロッコ

壁に浮かんだ信号機の影

マレーシア

壁の上の影と時計

神奈川

アーカイブ