コンクリート壁の穴

コンクリート壁の穴

穴の向こうに男が立っているのが見えた

マレーシアのペナン島にあるジョージタウンで撮影。

プランギンという名の通りに大きなコンクリートの壁があった。壁には大きな穴が開いている。そこは通り抜けられるようになっていて、先には通路が続いていた。穴の反対側にはバイクが停まっていて、その横に男が立っているのが見える。男のすぐ後ろにあタイヤが置かれている。ここは整備工場の店先のようだ。男は屈みながらエンジンの調子を調べているように見える。その様子を眺めていると、なんだか覗き穴から男の様子を覗いているような気がしてしまう。この壁は一体何のために造られたのだろうか。

ちなみにLorongとはマレーシア語で通りを意味するのだそうだ。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ペナン島ってどこ?

PHOTO DATA

No

8500

撮影年月

2008年12月

投稿日

2014年05月01日

撮影場所

ペナン島 / マレーシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ