地面に空いた穴は細胞のようだった

地面を埋め尽くしていた染色桶
穴の中では職人が働いていた

モロッコのフェズにあるタンネリで撮影。

建物に囲まれた場所には数え切れないほどの穴が開いていた。ここは皮なめし工場だ。そして、地面を埋め尽くしている穴は染色桶で、職人たちがなめし革を染色するためのものだ。今でも手作業で革を染める職人たちが働いている光景は、フェズ・エル・バリと呼ばれる旧市街の観光の目玉でもある。

上から見ていると、地面に空いた無数の穴は生き物の細胞のようだ。そう考えると、中で働いている職人は、せっせせっせとアデノシン三リン酸を産生しているミトコンドリアなのだった。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

フェズのタンネリってどこ?

PHOTO DATA

No

8864

撮影年月

2010年1月

投稿日

2014年10月30日

撮影場所

フェズ / モロッコ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ