二人の若い僧侶が仲良く目抜き通りを歩いていた

仲良く散歩していた若い僧侶

ラオスのルアンパバーンで撮影

関連する写真

町の目抜き通りであるシーサワンウォン通りをふたりの袈裟を着た若い僧侶が一緒に歩いていた。日本で言うと小学生か中学生くらいだろうか。おそらくは修行の休憩中なのだろう。二人は朝の托鉢の時と違ってサンダルを履いているる。やはり出家して修行をしている身であっても、コンクリートの道の上を裸足で歩くのは楽なことではないに違いない。

目抜き通りだけに多くの車が二人の横を走っている。もし二人が袈裟を纏っていなければ、繁華街に遊びに来ただけ若者と見分けはつかないだろう。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2008年4月 ラオス 人びと
ジャンボ ルアンパバーン 僧侶 バイク
ルアンパバーンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

1610

撮影年月

2008年1月

投稿日

2008年04月26日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

ルアンパバーン / ラオス

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ルアンパバーンってどこ?

Prev & Next