僧侶がひとりで砂利道を歩いていた

ひとりで砂利道を往く僧侶
ラオスのルアンパバーン郊外にあるバーンサンコーンの集落で撮影
関連する写真

強い日差しが照りつける中、袈裟を纏った若い僧侶が舗装されていない町外れの砂利道を歩いていた。道の両脇はジャングルのような茂みだった。僧侶の背後からはバイクが走ってきている。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2008年3月 町角 ラオス
砂利道 ルアンパバーン 僧侶 バイク
ルアンパバーンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

1479

撮影年月

2008年1月

投稿日

2008年03月13日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

ルアンパバーン / ラオス

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ルアンパバーンってどこ?

PREV & NEXT