ほとんどの雨戸は閉められていた

木製の雨戸
モロッコのカサブランカで撮影
関連する写真

町を彷徨っているときに見つけたビルの壁にはワイヤーが這っていた。そして、窓という窓に備え付けられている雨戸は木製だった。真っ昼間だったけれど、閉まっている雨戸が多い。日差しを避けるために閉めているのだろうか。どうやら、新鮮な空気を取り入れるよりも、眩しい日光を遮るほうがずっと大切なようだ。

壁がすっきりしているように見えたのは、窓の周囲にエアコンの室外機が見えないからだと、ふと気がついた。エアコン無しで窓を閉め切った部屋は暑そうだ。

ENGLISH
2014年10月 建築 モロッコ
カサブランカ シャッター
カサブランカで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

8846

撮影年月

2009年12月

投稿日

2014年10月21日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

カサブランカ / モロッコ

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

カサブランカってどこ?

Prev & Next