俯いて歩く初老の男

石壁の前の俯いた男

俯いた男が石壁の前を歩いていた

フィリピンのマニラで撮影。

初老の男が壁際を歩いていた。鞄を抱えながら下を向いて一歩一歩重い足取りで歩いている。嫌な客先に向かう途中のようにみ見えるし、客先で叱責された帰りのようにも見える。いずれにせよ、男はあまり楽しそうではなかった。あまり気の進まない仕事なのだけれど、片付けなければならない仕事が山積しているのかもしれない。

男の向こうにある壁には全く装飾が施されていなかった。まるで写真撮影に使用するホリゾントのようで、男の沈鬱さを浮き彫りにしているような気がする。ところどころにある塗装が剥げた箇所も、男の心の内を表現しているかのようだ。その一方で、横に立つ物言わぬ街灯はゆっくりと歩く男のことを見守っている。でも、その程度のことでは男の助けにはならないようだ。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

マニラってどこ?

PHOTO DATA

No

8207

撮影年月

2008年9月

投稿日

2014年01月04日

撮影場所

マニラ / フィリピン

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ