籠の中に脚を突っ込んだ男

籠の中に脚を突っ込んだ男

男は客が来るのを待っていた

タイのバンコクにあるクロントゥーイ市場で撮影。

通路の真中に大きな籠が置かれていた。そして、口髭を蓄えた男がその籠の中に両足を突っ込んで腰掛けている。通路を行き来していたり人やお店で働いている人たちとは対照的に、男は膝の上に手を載せたままじっとしていた。まるで、この男だけがゆったりとした時間の流れから取り残されてしまっているかのようだった。男は市場で働くクーリエで、この場所で客が来るのを待っているのだった。

市場の忙しい時間はもう過ぎてしまっていたので、男のところにもなかなか仕事がやってこないようだ。男はパラソルの下でじっと待ち続けている。僕が目の前に立ち止まっても、男は動く様子はない。ちょっと太い眉毛を動かして、突如として現れた異邦人を探るような目で見るだけだった。そして、僕が抱えているカメラを見て、男はすぐさまに僕が客ではないと理解したようだ。ちょっとがっかりしていたのかもしれないけれど、男は力強い視線を僕に向けたままファインダーに収まってくれた。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10543
撮影年月
2017年9月
投稿日
2018年05月01日
撮影地
バンコク / タイ
ジャンル
ポートレイト写真
アーカイブ
2018年5月 人々 タイ
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロ写真108枚を掲載。KINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
オザワテツ・フォトグラフィー

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP