目黒にある銭湯の入り口

高松湯という銭湯の入り口
東京の目黒で撮影 オザワテツ

目黒駅近くにある銭湯の入り口にはのれんが掛かっていた

目黒駅の近くの大通り沿いに銭湯がある。写真はその入口だ。のれんが掛かっているところを見ると営業しているようだ。でも、まだ夕食時間前だったので、ここを出入りする人の姿はなかった。ほとんどの人は夕飯を食べて寝る前に来るだろう。今、のれんをくぐれば、大きな湯船を独り占め出来るのかもしれない。

それにしても、西洋人はなぜ公衆浴場に入るという習慣を捨て去ってしまったのだろう。古代ローマ人はあれだけお風呂が好きだったのに、現在のヨーロッパには日本の銭湯に相当するものは存在していない。あるのは治療目的の温泉ばかりだ。

そのため、現代の西洋人は日本の銭湯やイスラム文化圏にあるハマムに異文化を感じるようだ。巨大な富と権力をもつローマ帝国だからこそ公衆浴場の運営ができたとも、キリスト教が普及した結果、男女が肌を見せ合うことが許しがたいことになってしまったともいわれるが、そもそも湯に浸かることにそれほど魅力を感じなかったに違いない。

EN

ハマムとは?

ハンマーム(アラビア語: حمّام‎, hammām)は、トルコやアゼルバイジャン、アラブ諸国・イランなどの中東全域、アフガニスタン、中央アジア諸国、東アジア諸国に広く見られる伝統的な公衆浴場のことである。 語源は「温める」「熱する」を意味するアラビア語の動詞「ハンマ」に由来する。トルコ語では「ハマム (もしくはハマーム、hamam)」という。

目黒にある高松湯ってどこ?

PHOTO DATA

No

9859

撮影年月

2016年5月

投稿日

2016年09月02日

撮影場所

目黒 / 東京

ジャンル

建築写真

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ