路地の片隅に置かれていた段ボールの箱の中に猫が二匹入っていた

段ボールの中でくつろぐ二匹の猫
タイのバンコクにあるチャイナタウンで撮影
関連する写真

カオマンガイでお腹を満たした後は、再びバンコクチャイナタウン路地を歩くことにした。足を踏み入れた路地はゴミゴミしていて、脇にはガラクタが散乱していた。そのガラクタの中に段ボール箱があって、中に生き物らしきものが入っていた。よく見てるとその生き物はだった。二匹の猫が段ボールにすっぽり入ってのんびり昼寝していたのだ。

近づいていくと、二匹のうちの一匹が頭を上げてこちらを見はじめる。僕の様子を窺っているようだ。その一方でもう一匹の猫はくつろいだままだ。二匹には首輪らしきものが見当たらないので野良猫かも知れず、人間に警戒心を抱いているのかもしれない。

海外を旅行中に野良犬を見かけるとも僕を警戒するけれど、僕も犬を警戒してちょっと緊張する。噛まれやしないかと心配になってしまうのだ。狂犬病は恐ろしい。それとは対照的に猫を見てもそのように感じることはない。冷静に考えると狂犬病は猫からだって感染する可能性はあるのだけれど、不思議なものだ。これはちょっとした猫の役得なのかもしれない。

ENGLISH
2020年1月 動物 タイ
バンコク 段ボール 昼寝
バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

11357

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年01月14日

更新日

2022年01月27日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

動物写真

カメラ

RICOH GR III

バンコクにあるチャイナタウンってどこ?

Prev & Next