境内の中心には大きな仏塔が聳えていた

シュエダゴォン・パヤー
ミャンマーのヤンゴンにあるシュエダゴォン・パヤーという仏教寺院で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

ヤンゴンの中心部からそう遠くないシングッタラの丘の上には、この国で一番有名なシュエダゴォン・パヤーという仏教寺院が建っている。境内の中央には黄金に輝く仏塔が聳えている。この国だけではなく、東南アジア諸国の仏塔は黄金で覆われていることが多い。

仏教は日本にも伝来しているけれども、伝来したルートが違うから、このような黄金で覆う風習はやって来なかったようだ。日本では木造であることが多いのは、神道における依代も関係しているのかもしれない。

ENGLISH
2015年1月 建築 ミャンマー
仏教 仏塔 寺院 ヤンゴン

シュエダゴォン・パヤーってどこ?

PHOTO DATA

No

9010

撮影年月

2010年2月

投稿日

2015年01月20日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ヤンゴンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ