木々の中の小路を歩く男

小径を歩く男

木立の中を小径が伸びていた

京都の銀閣寺で撮影。境内にある広い庭園は手入れが行き届いていた。木々が生い茂っていて、地面には苔がむしている。日本の庭園は西洋の庭園とは全く異なった思想の下に作られていることがよく分かる。西洋の庭園は人間が頂点に立っていて、全てを管理しているような感じで造られているけれど、日本のは人間も自然の中に溶け込むような形なっているような気がする。参拝客の姿もそれほどなく、僕はのんびりと雰囲気を満喫できた。

僕も観光客の一員なので、矛盾していることは重々承知しているのだけれど、観光地にはあまり観光客がいない方が風情を満喫できると思う。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
593
撮影年月
2006年9月
投稿日
2006年11月02日
撮影地
銀閣寺 / 京都
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2006年11月 京都 自然
使用カメラ
CANON EOS 1V
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP