道端に植えられた辛夷が咲いていた

辛夷

東京の御茶ノ水で撮影

関連する写真

街路樹の辛夷が咲いていた。でも、それに気がついている人は少ないようだ。立ち止まる人はいない。花は静かに咲いている。辺りはビルが立ち並んでいる場所だったけれど、花だけを眺めていると、自然に囲めれているような気がした。自然は心を穏やかにしてくれる。

辛夷は人間の指図を受けて咲き始めたわけではない。いつ花が咲くかなんて、人知を超えた話だろう。それだからこそ、自然を破壊することは取り返しのつかないことになってしまうのだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2005年4月 自然 東京
モクレン 御茶ノ水
御茶ノ水で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

56

撮影年月

2005年3月

投稿日

2005年04月10日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

お茶の水 / 東京

ジャンル

自然写真

カメラ

CANON EOS 1V

御茶ノ水ってどこ?

Prev & Next