浦上天主堂ではミサが執り行われていた

浦上天主堂のミサ
長崎の浦上天主堂で撮影
関連する写真

浦上天主堂へとやって来た。天主堂は明治維新後の1877年に建立されたものだ。この辺りには隠れキリシタンの人が多かったので、明治維新後すぐに教会が建てられることになったようだ。それにしても、何百年間もの間信仰を隠し続けるということはすごいことだ。僕自身にとっては、身の危険を承知の上で信仰を続けるなんてことは考えられない。

天主堂の中では、ちょうどミサが執り行われていた。中にはベールを被った女性の姿が見える。そして、身廊の終わりには祭壇があって、キリスト像があった。キリスト像はライトで照らされていて、暗闇の中に浮かび上がっていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2007年5月 長崎 人びと
教会 十字架 ミサ 長崎市

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

894

撮影年月

2007年3月

投稿日

2007年05月09日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

長崎市 / 長崎

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

浦上教会ってどこ?

PREV & NEXT