薄暗い教会の中に十字架が架けられていた

十字架とステンドグラス
マレーシアのマラッカで撮影
関連する写真

聖フランシス・ザビエル教会の中は薄暗かった。一番奥には十字架が掛けられていて、その上部にはステンドグラスで彩られた窓が並んでいる。中の明かりはそこから入ってくるものだけだった。この教会はその名が示すとおり、日本にも来たフランシスコ・ザビエルの偉業を称えるために建立されたものだ。ザビエルは一時期ここマラッカでも布教活動をしてたのだ。

日本で失意の中亡くなったサビエルの遺体は、まずは当時ポルトガル領だったマラッカまで搬送し、その後現在はインド領になっているゴアまで運ばれ、その地に埋葬されたのだった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2014年5月 建築 マレーシア
教会 十字架 マラッカ ステンドグラス
マラッカで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

8530

撮影年月

2008年12月

投稿日

2014年05月16日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

マラッカ / マレーシア

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

マラッカってどこ?

PREV & NEXT