壁には半円状のステンドグラスが設けられていた

教会のステンドグラス

長崎のカトリック中町教会で撮影

関連する写真

長崎の町にはキリスト教の教会が多い。これも大航海時代にやって来た宣教師たちの名残に違いない。隠れキリシタンたちが密かに教えを守り続けた結果、明治になって晴れて教会を作ることができたのだろう。でも、ちょっと不思議だ。禁教されるまでの間、宣教師が活動したのは長崎周辺に限らられた訳ではないのに、この辺りに隠れキリシタンが多かった理由がよく分からない。

カトリック中町教会も殉教の歴史のあるこの地に、日本人のための教会を作ろうということになり建てられたのだそうだ。長崎に現存する数少ない被爆建造物のひとつらしい。礼拝堂に入ると、中は静かだった。壁には磔刑のキリストを描いたスタンドグラスが設けられていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2007年5月 長崎 静物
教会 長崎市 ステンドグラス

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

910

撮影年月

2007年3月

投稿日

2007年05月19日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

長崎市 / 長崎

ジャンル

静物写真

カメラ

CANON EOS 1V

長崎にあるカトリック中町教会ってどこ?

Prev & Next