教会の前に立つ石像は空を見上げていた

教会の前の像
ポーランドのクラクフで撮影
関連する写真

ヨーロッパの町には教会が付きものだ。ここはキリスト教文化圏なのだから当たり前なのだけれど、日本からやって来た僕にはちょっと珍しい。移民などでイスラム教徒が増えたら、そのうちモスクを多く見かけることになるのかもしれない。

この町の旧市街をウロウロと散策していたら、大きな教会に出くわした。入り口には石像が立っていて、空を見上げている。何かを叫んでいるかのようだ。イエス・キリストの素晴らしさでも叫んでいるのだろうか。石像の頭上の方には、十字架が見える。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2006年4月 ポーランド 静物
教会 十字架 クラクフ

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

400

撮影年月

2001年5月

投稿日

2006年04月25日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

クラクフ / ポーランド

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS KISS

クラクフってどこ?

PREV & NEXT