野菜を洗剤で洗う男

野菜を洗剤で洗う男
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

エプロンをした男は道端で野菜を洗剤を使って洗っていた

ジャカルタの町を歩いていると、道端に出したテーブルの脇に立って野菜を洗っている男がいた。テーブルの上にはいくつかバケツが置いてあって、男はエプロンをしている。本格的に野菜を洗っているようだ。何気なく通り過ぎようとした時、僕は手前に置かれた容器に気がついた。緑色の液体が入った容器だ。

まるでカクテルのように鮮やかな緑色をしている液体は洗剤だろう。男は洗剤を使って野菜を洗っているのだ。インドネシアでは洗剤を使って野菜を洗う!体に良いはずの野菜を洗剤で洗ってしまう。これでは野菜が体にいいものではなくなってしまう。なんてもったいないことをするのだと思ったのだが、これはそれほど奇異な行動ではないようだ。

日本でもかつては野菜を洗剤で洗うのは一般的だった。野菜に付着している農薬を洗い流すだけでなく、寄生虫の卵も洗い流すためだ。そもそも日本で最初に発売された食器用洗剤は、野菜と果物と食器の全てを洗うためのものだった。今でも食器用洗剤の用途をよく見てみると、野菜と果物が記載されているものは多い。

それがいつしか野菜は洗剤では洗わないということになってしまっているようだ。常識だったものが、いつの間にか非常識なことになってしまう。気が付かないだけで、他にも僕の周りにそのようなものがあるかもしれない。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11700

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年10月16日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ