ごちゃごちゃした路地

ごちゃごちゃした路地
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

路地には様々なものが置かれていた

ヤンゴン中央駅の近くにある住宅街の中を走る路地はどれもこれも細かった。もちろん、四輪車が通ることはできない。二輪車だって通れるかどうかは微妙な幅だ。この住宅街は自動車が中に入って来られるようには設計されていないのだ。そもそも、この区画には都市計画なんて存在しないのだろう。路地も住居も無秩序に建てられているのだ。僕はそのようなゴミゴミした雰囲気の中を歩いていた。

どの家の前にも様々なものが置かれていた。路地はごちゃごちゃしている。軒下には洗濯物が干されていて、沢山のプラスチック容器が玄関の横に置かれていた。さらには、傘までぶら下がっている家もあった。ついさっきまで、雨が降り注いでいたので路地は濡れている。その代り雨が上がったのを合図に人びとが路地を再び行き来し始めていた。そして、犬もやはり路地をさまよい始めていた。歩いている路地の先にも、そのような犬の姿が見える。僕はこのまま犬のいる方に進むべきかどうか、逡巡していた。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴン中央駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

11087

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年07月08日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ