境内に佇む男

心ここにあらずといった感じで立つ男
東京の巣鴨にある高岩寺で撮影 オザワテツ

男はそこで考え込んでいるようだった

ここは通称とげぬき地蔵と呼ばれ、病気の治癒改善に御利益があるとされている。老いも若きもその御利益を求めてここを訪れている。

そんな寺院の境内を見渡すと、ひとりの年配の男が立ちすくんでいるのが見えた。両手をポケットに突っ込んで、虚ろな顔をしている。視線の先には地面しかないのだけれど、じっと見つめたままだ。そして、人の流れの中に佇んでいる。後からやってくる人が次から次へと追い抜いていくのも、気にはならないようだ。男の足取りは相当に重いようだ。

EN

高岩寺ってどこ?

PHOTO DATA

No

9597

撮影年月

2015年9月

投稿日

2015年12月20日

撮影場所

巣鴨 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL