専教寺の水子地蔵

専教寺の水子地蔵
岡山の矢掛にある専教寺で撮影 オザワテツ

専教寺には風車を手にした多くの水子地蔵が立っていた

矢掛にある専教寺境内の一角には水子地蔵が立ち並んでいた。どの地蔵も風車を横にしている。そして、みな胸の前で手を合わせている。時折風が吹くと、風車はカラカラと回っていた。それにしても、水子供養をする人はこの辺りにも多いのだ。この辺りは気候が温暖で、昔から食べるものに困らないというイメージがあったけれど、望まれない子どもも同じように多かったのかもしれない。

どの地蔵も同じ顔のようだ。目尻は下がっているものの、悲しげな顔をしている。複雑な思いを胸に雨の日も風の日もここに立ち続けているのだ。

EN

水子とは?

水子(みずこ)は、生まれてあまり日のたたない子、あかごのこと。また、胎児、特に流産または人工妊娠中絶により死亡した胎児のことを指す。泡子とも。水子という呼び名は、生まれて間もなく海に流された日本神話の神・水蛭子より転じたものとされる。

矢掛にある専教寺ってどこ?

PHOTO DATA

No

1301

撮影年月

2007年9月

投稿日

2008年01月05日

撮影場所

矢掛 / 岡山

ジャンル

静物写真

カメラ

CANON EOS 1V

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ