男の子はコロニアルな建物の前を風のように走り去っていった

扉の前を走る男の子
ラオスのルアンパバーンで撮影
関連する写真

かつてラオスはフランスの植民地だった。仏領インドシナの一部だったのだ。そのため、昔から町の中にはコロニアル様式の建物が残っていたりする。この時も、そのような建物を求めて町を歩いていた。

すると、突如として男の子が現れた。木製の扉の前を駆けていって、あっという間にどこかへ走り去っていく。いったいそんなに急いで何処に向かっていたのだろう。

建物にふと視線を向けると、入り口の扉はしっかりと閉じられていたのだけれど、二階の窓は大きく開けられていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2008年4月 ラオス 人びと
男の子 ルアンパバーン 走る
ルアンパバーンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

1614

撮影年月

2008年1月

投稿日

2008年04月27日

更新日

2020年08月27日

撮影場所

ルアンパバーン / ラオス

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ルアンパバーンってどこ?

PREV & NEXT