ペットボトルで狙いを定める男の子

ペットボトルで狙いを定める男の子
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

自販機の横に立つ男の子がペットボトルで狙いを定めた

住宅密集地の中にあるモスクの前には屋台だけでなく、食堂も店を構えていた。でも、中に客の姿は見当たらない。子どもたちが遊んでいただけだった。正面にあるモスクではイスラム教の集団礼拝が行われている真っ最中で、男たちの多くはそれに参列している。敬虔な信徒ではなくとも、わざわざモスクで礼拝が行われている時間にこれ見よがしに食堂で食事を摂るような挑発的な人間はいない。食堂でのんきに食事するような男はいない時間帯だったのだ。

写真の男の子はその閑散とした食堂の中で遊んでいたひとりだ。鮮やかな生地の服を着ていた。バティックだろうか。丈がちょっと長く、一見するとインドやバングラデシュで着られているシャルワニのようにも見える。でも、ここはインドネシアのジャカルタだ。シャルワニでないのだろう。単に丈の長いパジャマだったのかもしれない。

自販機の横に立つ男の子にカメラを向けると、男の子は手に持ったペットボトルで対抗してきた。まるでペットボトルを拳銃のように構え、僕に狙いを定めたのだ。片目を閉じてじっと僕を見据える男の子の顔は真剣そのもので、ペットボトルの底から何かが発射されるのではないかと身構えてしまうくらいだった。

ENGLISH

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11862

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年03月31日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF