竹の橋を渡る僧侶

竹で組まれた橋を渡る僧侶
僧侶が竹で組まれた橋を渡っていた

ラオスのルアンパバーンで撮影。

町の脇を流れるナムカーン川には竹で組まれた粗末な橋が架かっていた。眺めていると、オレンジ色の袈裟を纏った僧侶が現れて橋を渡り始めた。今日一日のお勤めを終えて、家に帰るところなのだろう。他の大勢の僧侶と違って、この僧侶は日傘を差していない。日焼けを厭わない僧侶もいるのだ。

ぼんやりと橋を眺めていると間に、大勢の地元の人が現れては橋を渡って向こう岸に消えていく。雨季には無くなってしまうという橋も今のところは地元の生活道路といて機能している。ところで、この端は地元の人はタダで渡れるのだけれど、僕のような観光客はお金を払わなければ渡れない。僕は地元の人と違ってそう気軽に橋を渡れないのだった。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ルアンパバーンってどこ?

PHOTO DATA

No

1491

撮影年月

2008年1月

投稿日

2008年03月17日

撮影場所

ルアンパバーン / ラオス

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ