袈裟をまとった僧侶が竹で組まれた小さな橋を渡っていた

竹で組まれた橋を渡る僧侶
ラオスのルアンパバーンで撮影
似たような写真

ルアンパバーンの脇を流れるナムカーン川にで組まれたが架かっていた。が増水したらあっという間に流されてしまう粗末な橋だ。実際、雨季になると流されてなくなってしまうという。そうしたら竹で再び橋を架けるのだ。自然の脅威に抵抗し、流されないように頑丈な橋を架けるよりも、流れるままに身を任すというのがとても仏教的というかアジア的に思えた。

眺めていると、オレンジ色の袈裟を纏った僧侶が現れて橋を渡り始めた。一日のお勤めを終えて、家に帰るところなのだろう。他の大勢の僧侶と違って、この僧侶は日傘を差していない。日焼けを厭わない僧侶もいるようだ。この僧侶だけでなく大勢の地元の人が現れては橋を渡って向こう岸に消えていく。この橋はこの辺りでは唯一の橋。地元の人にとっては重要なインフラになっていた。

ところで、町の重要なインフラである橋を地元の人はタダで渡れる。しかしながら僕のような観光客はお金を払わなければ渡れない。僕は地元の人と違って気軽に橋を渡れないのだ。これをお金を持っているのだからインフラを支える義務があるとしてノブリス・オブリージュの一環と思うか、山賊などが勝手に設けた関所で小銭をせびられているように思うのかで橋の印象はかなり変わってくると思う。

 でコメントする
ENGLISH
2008年3月 ラオス 人びと
バック・ショット ルアンパバーン 僧侶

PHOTO DATA

No

1491

撮影年月

2008年1月

投稿日

2008年03月17日

更新日

2022年01月07日

撮影場所

ルアンパバーン / ラオス

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PREV & NEXT