車道の真ん中に横たわる牛の横を自転車が走りすぎていった

道の真中に横たわる牛
道の真中に横たわる牛
関連する写真

交差点に立ち止まって道路の真ん中に寝転んでいるを眺めていた。牛に周囲を行き来している人びとの動向を気にしている様子は微塵もない。往来の激しい交差点の真ん中でくつろいでいた。

そのうち一台の自転車がやって来た。お父さんがペダルを漕いで、後部にはおそらく男性の娘であろう女の子が腰掛けている。牛の横を通り過ぎるとき、お父さんは何事もないかのようにペダルを漕ぎつづけ、女の子は交差点の真ん中に横たわっている牛を不思議そうに眺めていた。

ヒンドゥー教世界において牛は神聖なものなのだ。そのため、たとえ人間の邪魔になっていても牛が邪険に扱われることはない。写真の牛も交通の邪魔になっているにもかかわらず、誰も追い払わない。ここで避けて通らなければならないのは人間の方なのだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2011年12月 動物 インド 乗り物
ベルハンポル 自転車 交差点 女の子
ベルハンポルで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

6017

撮影年月

2011年7月

投稿日

2011年12月23日

更新日

2022年03月02日

撮影場所

ベルハンポル / インド

ジャンル

動物写真

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

ベルハンポルってどこ?

PREV & NEXT