シク教徒の新郎新婦がカメラの前で笑ってくれた

シク教徒の新郎新婦
マレーシアのクアラルンプールにあるシク教寺院で撮影
関連する写真

クアラルンプールを歩いていると珍しいものを見つけた。シク教の寺院だ。マレーシアはイスラム教徒が多数を占める国。でもインド発祥のシク教を信じる人も結構いる。イギリス領だった時代にインドからやって来た移民の末裔だ。シク教徒はイギリス当局に重用されていたというから、移民の中にシク教徒もそれなりの数がいたのだろう。シク教の寺院を目にしたのは初めだった僕は、興味を惹かれるままに寺院の中へ足を踏み入れることにした。

質素な寺院の内部は飾り付けが施されていて、多くの人で賑わっていた。ちょうど結婚式が行われていたようだった。皆楽しそうにしている。新郎新婦を見つけたので写真を撮っていいかと尋ねると、この日の主役は快く応じてくれた。カメラを向けると新郎新婦もニッコリ笑ってくれる。幸せそうな新婚カップルだ。

ちなみに新婦だけでなく新郎も髪を隠しているのは宗教上の理由だ。イスラム教徒と違って、シク教徒は女性だけでなく男性も髪の毛を隠すのが通例なのだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2009年3月 マレーシア 人びと
花嫁 新郎 クアラルンプール シク教徒 寺院 ターバン 結婚式
クアラルンプールで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

2566

撮影年月

2008年12月

投稿日

2009年03月05日

更新日

2021年12月27日

撮影場所

クアラルンプール / マレーシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

クアラルンプールってどこ?

PREV & NEXT