袴姿の新郎と角隠しをかぶった新婦が門から姿を表した

新郎新婦
東京にある明治神宮で撮影
似ている写真 撮影地

境内ではちょうど結婚式が始まろうとしていた。神職や巫女に続いて、新郎新婦も木製の門から出てきている。新郎は袴姿で、新婦は白無垢を纏っていた。

神前式で挙式するカップルは和服を着るということになっているのだろうか。境内にいると、次から次へとこれから挙式するカップルを目にするのだけれど、一組足りとも燕尾服とウエディングドレスというコンビには出会ったことがない。明治天皇も洋装されていたことがあるのだから、洋装で挙式しても罰が当たるとは思えないのだが、そういうルールがあるのかもしれない。ともかく、新婦は番傘の下に立っていた。これから皆で挙式が行われる拝殿へと向かうのだった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2005年10月 人びと 東京
花嫁 原宿 巫女 明治神宮 神社 結婚式
明治神宮で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

194

撮影年月

2005年8月

投稿日

2005年10月02日

更新日

2020年06月16日

撮影場所

明治神宮 / 東京

ジャンル

スナップ写真

カメラ

CANON EOS 1V

明治神宮ってどこ?

PREV & NEXT