オークポースー駅前の男の子

駅前をひとりで歩く男の子
ミャンマーのタニンにあるオークポースー駅で撮影 オザワテツ

男の子がひとりで駅の前を歩いていた

喫茶店で勉強をしていた子どもたちの写真を撮った後、僕は再びオークポースー駅へとやって来た。もしかしたら、ここから列車に乗ってヤンゴンまで帰ることもできるのかもしれないけれど、そうするつもりはなかった。ただ単にまた駅にやって来たのだ。駅前に立って駅舎を眺める。鉄道の駅って、大抵の場合人びとが行き交う場所になっていて、眺めていると面白いのだけれど、ここはちょっと様子が違う。駅前の道は舗装されておらず、砂利道だ。そして、駅前という好ましい立地にもかかわらず、周囲にはお店がひとつもない。この駅は原っぱの真ん中にぽつんと立っているようなものだった。

そうこうしていると、幼い男の子がどこからともなく現れた。ひとりでどこかに向かっているようだ。僕のカメラに気が付いても、足を止めることはなかった。その代りに舌をペロッと出して、不思議そうに僕のことを眺めている。そして、男の子は何事もなかったかのように僕の横を通り過ぎていった。男の子が立ち去ると、駅前は再び閑散とした雰囲気に飲み込まれてしまった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

オークポースー駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

11053

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年06月14日

撮影場所

タニン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ