バーン・ブーという工房の中で鍛冶職人が炉で熱していた

炉で熱する鍛冶職人

タイのバンコクにあるバーン・ブーで撮影

関連する写真

閑散としていたワット・スワランラームの境内を出て、運河沿いに伸びる道を歩いていた。運河の両脇には住居が密集していて、その間を細い路地が走っている。穏やかな空気が周囲には漂っていた。歩いていると、時折地元の人の姿を見かける。写真を撮らせてもらおうと地元の人に声を掛けると、不思議なことに異口同音に同じことを言ってくる。どうやら、ピクチャレスクな場所が近くにあるらしい。

最初は何を教えてくれているのか分からなかったけれど、皆が何を僕に伝えたかったピクチャレスクな場所が何だったのか分かるのまでそう時間はかからなかった。ここにはバーン・ブーと呼ばれる地区には歴史のある鍛冶工房があるのだった。

入り口には誰もいないので、勝手に中へと入っていく。中には火処が設けられていて、鍛冶職人が黙々と仕事をしていた。写真の男もそのひとりだ。男は長いはしで金属製の器を挟んで、火処で熱していた。ただでさえ、バンコクは暑いのに、火処の周辺はさらに暑い。サウナの中で仕事しているようなものだろう。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2018年9月 人びと タイ
バンコク 職人
バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10724

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年09月08日

更新日

2020年09月10日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

バーン・ブーってどこ?

Prev & Next