青年の顔にはタナカが塗られていて、迷彩塗装されているかのようだった

タナカを顔に塗った青年
ミャンマーのヤンゴンで撮影
関連する写真

ヤンゴンでリーバイスの帽子を被った青年と行き会った。外見からするとインド系のようだ。ミャンマーは1937年までイギリス領インド帝国の一部だったので、インド系と思しき人を見かけるのは珍しいことではない。

写真を見れば分かるけれど、驚くべきポイントはそこではない。顔に塗られている白いものの方がずっと強烈だ。この白いものは日焼け止めに塗られているタナカと呼ばれるもので、この国では顔に塗って外を出歩いている人は大勢いる。大人もタナカを塗っているし、子どもタナカを塗っている。この青年はそのようなひとりだ。この青年はまるで落書きするかのように雑に顔に塗っていた。

この調子で町中を歩いていると日焼けの後がまだら模様になってしまうのではないかと心配になるけれど、青年はそれを気にしている素振りはない。もうすでに漆黒の肌色をしているから関係ないのかも知れない。

ENGLISH
2014年12月 ミャンマー 人びと
帽子 タナカ ヤンゴン 青年
ヤンゴンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

8941

撮影年月

2010年2月

投稿日

2014年12月07日

更新日

2020年12月09日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ヤンゴンってどこ?

Prev & Next