女性の顔はタナカでまだら模様になっていた

まだら模様になった女性の顔
ミャンマーのダラで撮影
関連する写真

ダラの市場では大勢の人が働いていた。そして、大勢の人が食材を買い求めに来ていた。ここは地元の人の胃袋を支えている市場なのだ。鴨肉をさばいていた女性の写真を撮り、その後もカメラ片手にウロウロしていた。次にやって来たのは魚屋だった。魚屋には昔ながらの天秤が置いてあり、片側の皿の上にはヤンゴン川で採れた魚が数尾載せられている。市場の中のこの区画には肉屋や魚屋が軒を連ねていたのだけれど、働いているのは女性ばかりだった。そして、この魚屋で働いているのも女性だった。

女性の顔には全体にタナカが塗られていた。女性は僕に気がついて不思議そう顔をしている。女性のお店に買いに来るのはビルマ人ばかりだろうから、お店の前で外国人を見るのは珍しいのだろう。女性は目を見開いている。でも、目を見開いているのは女性だけではなかった。カメラを向けている僕もまた目を見開いていた。タナカを顔に塗っている人は珍しいことではない。でも、この女性の顔のまだらぐらいは飛び抜けているような気がした。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2019年1月 ミャンマー 人びと
ダラ タナカ 女性
ダラで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10848

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年01月04日

更新日

2020年05月11日

撮影場所

ダラ / ミャンマー

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

ダラってどこ?

PREV & NEXT