木の下のタ・プローム寺院

アンコール遺跡のタ・プローム
カンボジアのアンコール遺跡にあるタ・プロームで撮影 オザワテツ

石造りのタ・プローム寺院がカジュマルの木に押し潰されそうになっていた

写真の石造りの建造物はタ・プロームで、アンコール遺跡群のひとつだ。アンコールにはヒンドゥー教寺院と仏教寺院があるのだけれど、タ・プロームはもともと仏教寺院として建立され、その後にヒンドゥー教寺院に改修されたのだという。

建物はガジュマルに侵食されて、押し潰されてしまいそうになっている。他の遺跡は近年着々と修復されているが、この遺跡は現状のまま保存されることになっているらしい。圧倒的な自然の力に破壊されていく建造物をそのままにするのも、保存の一形態なのだ。

境内に入ってガジュマルの木に潰されそうになっている寺院を目の当たりにすると、諸行無常を感じる。このままだと、そのうちに自然に飲み込まれてしまうのは姿も本質も常に流動変化するものであるとする仏教の寺院として相応しいような気がした。

EN

タ・プロームってどこ?

PHOTO DATA

No

148

撮影年月

2000年8月

投稿日

2005年08月17日

撮影場所

アンコール遺跡 / カンボジア

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS KISS

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ