シルエットになったアンコール・ワットの向こうから日が登り始めた

アンコール・ワットの日の出

カンボジアのアンコール・ワットで撮影

関連する写真

バイクタクシーの運転手が僕を迎えに来たのは早朝だった。周囲はまだ真っ暗だ。まだ夜の帳が上がらないうちに、有名なアンコール・ワットへと向かったのだった。敷地の中に足を踏み入れても、暗すぎてどこに建っているのかは分からない。僕は立ち尽くして待った。しばらくすると、朝日が寺院の背後から登ってきた。朝日の中に浮かび上がる寺院のシルエットは圧巻だ。

世界遺産にも登録されているこの寺院は、カンボジアのシンボルで、国旗にも描かれている。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2005年4月 建築 カンボジア
アンコール遺跡群 シルエット 寺院 世界遺産

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

65

撮影年月

2000年8月

投稿日

2005年04月22日

更新日

2020年09月20日

撮影場所

アンコール遺跡 / カンボジア

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS KISS

ワンコールワットってどこ?

Prev & Next