籠の間に腰を下ろした行商人

天秤棒を置いて商売をしていた行商人

行商人が道端に天秤棒を置いて商売をしていた

タイのバンコクで撮影。

道端には多くの屋台が出ている。それとともに、路上で行商をしている人たちも時折見かける。天秤棒を担いで振り売りしている人も見かけるのだった。東南アジアの他の国と同じようなスタイルで商売をしている人もやはりいるのだ。でも、他の町に比べると見かける頻度は少ない。バンコクは近代的な大都市だ。そのような町には天秤棒はあまり似合わないのかもしれない。このまま発展し続けたら、日本と同じように全く見かけなくなってしまうことだろう。

裏通りを歩いていると、珍しく天秤棒で商売している人の姿を見つけた。行商人の男は天秤棒を道端に置いて、両脇に取り付けられた籠の間にお風呂場で使うような小さなプラスチック製の椅子を置いている。そして、その椅子に腰掛けながらゆったりと商売をしているのだった。何か食べ物を売っているようだ。籠の中には葉っぱで包んだものが並べられている。ちまきのように見えるけれど、それが一体何だったのかは分からなかった。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10734
撮影年月
2017年9月
投稿日
2018年09月17日
撮影地
バンコク / タイ
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2018年9月 人々 タイ
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP