タキーヤと髭と刺繍のある襟

タキーヤを被って髭を蓄えた男
バングラデシュのダッカで撮影 オザワテツ

男はいかにもイスラム教徒という格好をしていた

男はタキーヤと呼ばれるイスラム教徒の被る帽子を被っていて、日本人の僕から見たらエキゾチックなクルタという服を纏っていた。さらには、立派な髭を蓄えている。どこからどう見てもイスラム教徒の出で立ちだった。

バングラデシュはイスラム教徒の多い国なので、イスラム教徒自体に会うことは何ら珍しいことではない。でも、この男性のようにおしゃれな人はそうそういない。男性の服の襟にも綺麗に刺繍が施されている。かなりおしゃれな人に違いない。残念なことに、男が僕を見つめる視線は鋭かった。

EN

ダッカってどこ?

PHOTO DATA

No

8835

撮影年月

2009年9月

投稿日

2014年10月15日

撮影場所

ダッカ / バングラデシュ

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM