通路には柔らかな日差しが降り注いでいた

柔らかな光の下を歩く人びと
東京の有楽町にある東京国際フォーラムで撮影
関連する写真

建物の外に出ると、柔らかな日差しを感じた。夕暮れ時だったので影も長い。太陽の輝いている方を眺めると、長い影たちが僕に向かって来ているような気がした。そして、動くものも停まっているものも皆がシルエットになっている。そんな逆光の中を人びとが同じ方向に向かって歩いている。なんだか輝く太陽に吸い寄せれているかのようだった。

そんな人びとを眺めていると、僕も皆と同じ方向に歩き出させばいけないような気分になってくる。太陽には人の判断力を鈍らせる力があるようだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2005年12月 町角 東京
シルエット 有楽町
有楽町で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

284

撮影年月

2005年12月

投稿日

2005年12月30日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

有楽町 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

東京国際フォーラムってどこ?

PREV & NEXT