次から次へとバイトゥル・ムカッラムというモスクの中に参拝客が入っていくのが見えた

バイトゥル・ムカッラム
バングラデシュのダッカで撮影
関連する写真

ダッカの町には夥しい数のモスクがあって、別名「モスクの町」とも呼ばれる。この国の人の大多数はイスラム教徒なのだ。写真のコンクリート製の建造物も、歴史はあまり無いけれどやはりモスクだ。バイトゥル・ムカッラムと呼ばれる国立のモスクだ。国家が宗教施設を運営しているなんて西洋社会では考えられないかもしれない。

この巨大なモスクは4万人もの人間を収容でき、世界で10番目に大きいモスクなのだという。歩道橋の上に立って、入り口を眺めていると、その噂に違わずどんどん参拝客が飲み込まれていっていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2014年12月 建築 バングラデシュ
ダッカ モスク 参拝客
ダッカで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

8929

撮影年月

2009年9月

投稿日

2014年12月01日

更新日

2020年09月16日

撮影場所

ダッカ / バングラデシュ

ジャンル

スナップ写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ダッカにあるバイトゥル・ムカッラムってどこ?

PREV & NEXT