バイトゥル・ムカッラム

バイトゥル・ムカッラム

次から次へとモスクの中に参拝客が入っていく

バングラデシュのダッカで撮影。

ダッカの町には夥しい数のモスクがあって、別名「モスクの町」とも呼ばれる。この国の人の大多数はイスラム教徒なのだ。写真のコンクリート製の建造物も、歴史はあまり無いけれどやはりモスクだった。バイトゥル・ムカッラムと呼ばれる国立のモスクだ。国家が宗教施設を運営している、西洋社会では考えられないかもしれない。

この巨大なモスクは4万人もの人間を収容でき、世界で10番目に大きいモスクなのだという。歩道橋の上に立って、入り口を眺めていると、その噂に違わずどんどん参拝客が飲み込まれていっていた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

バイトゥル・ムカッラムってどこ?

PHOTO DATA

No

8929

撮影年月

2009年9月

投稿日

2014年12月01日

撮影場所

ダッカ / バングラデシュ

ジャンル

スナップ写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ