モスクの柱と影

ハッサン2世モスクの柱
モロッコのカサブランカにあるハッサン2世モスクで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

立ち並ぶ柱がアーチを支えていた

カサブランカにあるハッサン2世モスクは巨大だった。一説によると、このモスクのミナレットは世界で一番高い宗教的な建築物らしい。それが本当かどうかは知らないけれど、大きさとは関係なくこのモスクの構造は洗練されていた。設計したのはフランス人のようだけど。

柱が立ち並ぶ廊下の向こうの方には幾つものアーチが見える。そして、柱の影が地面に落ちていた。ここから見えるものは総て直線と曲線で構成されている。じっと眺めていると、なんだか不幸にも幾何学の世界に迷い込んでしまったような気がしてきた。

ENGLISH
2014年10月 建築 モロッコ
アーチ カサブランカ モスク

ハッサン2世モスクってどこ?

PHOTO DATA

No

8842

撮影年月

2009年12月

投稿日

2014年10月19日

更新日

2020年12月04日

撮影場所

カサブランカ / モロッコ

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

カサブランカで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ