書店街の路地

神保町の路地
東京の神保町で撮影 オザワテツ

男がちょうど路地にある喫茶店から出てきた

神保町界隈は東京随一の書店街だ。三省堂や書泉などの大きな本屋もあるけれど、やはりメインは古本屋だろう。靖国通り沿いにはいくつもの古書店が軒を連ねている。一説によると、ここは世界有数の古本屋街でもあるらしい。

本を買ったら、すぐにでも読みたいと思うのが人の常で、神保町にはそんなニーズを満たすために喫茶店も多い。読書するのにいい喫茶店も沢山あるのだ。本を買って、コーヒーを飲みながら、買ったばかりの本を読む。そのようなことができる神保町は本好きには天国みたいな町だ。そんな町の路地裏を数人の男が歩いていた。

EN

神保町ってどこ?

PHOTO DATA

No

6702

撮影年月

2012年3月

投稿日

2012年08月11日

撮影場所

神保町 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ