旧燈明寺三重塔

旧燈明寺三重塔

旧燈明寺三重塔が丘の上でシルエットになっていた

神奈川の横浜にある三渓園で撮影。

広大な敷地内を歩いていると、向こうに見える小高い山の上に塔が建っているのが見えた。ここ三渓園は原富太郎という実業家によって1906年に造られた庭園だ。この実業家は財力に物を言わせて、ここに様々な日本家屋を移築したのだった。

絹の貿易で富を築いた原富太郎は、一時期世界遺産にも登録された富岡製糸場を経営していたこともあるようで、そう言われると、ここの建物たちは、過酷な労働に従事した女工たちの血と汗の上に建っているような気がしてしまって、ちょっと複雑な気分になってしまう。写真の塔は旧燈明寺三重塔で、もともとは1457年に京都にある燈明寺に建立されたものだ。廃寺になることに伴い、1914年に三渓園に移築されたのだという。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

三渓園ってどこ?

PHOTO DATA

No

324

撮影年月

2006年1月

投稿日

2006年02月08日

撮影場所

三渓園 / 神奈川

ジャンル

風景写真

カメラ

CANON EOS 1V

アーカイブ