鏡の中を歩く女性

通路にあった丸い鏡

壁には丸い鏡があった

台湾の台北にある忠孝復興駅で撮影。忠孝復興なんて駅名からはとても儒教の匂いがする。構内の地下道は大勢の人びとが行き来していた。壁際に立ち止まって、そんな人の流れを眺めていた。通路の壁には大きな丸い鏡が掛けられている。

なんでこんなところに鏡があるのだろう。ひょっとしたら、「地下鉄に乗る者、身嗜みに気を使わなければならない」なんて風習があるのかもしれない。でも、鏡の前にた立ち止まる人は誰もいない。鏡に近づいていくと、歩いている女性の姿が丸い鏡の中に映っていた。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
755
撮影年月
2007年1月
投稿日
2007年02月25日
撮影地
台北 / 台湾
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2007年2月 町角 台湾
使用カメラ
RICOH GR DIGITAL
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP