青空床屋の椅子と鏡

青空床屋にいた男
バングラデシュのマイメンシンで撮影 オザワテツ

男は青空床屋の鏡の前に腰掛けていた

木製の椅子がコンクリートの壁の向かいに置かれていた。殺風景な壁には鏡が掛けられている。そして椅子には長い髭を蓄えた男が静かに腰を下ろしていた。そこだけ見るとなんだか刑務所のようにも見えてしまうが、ここはマイメンシンの町角で見かけた青空床屋だ。男は別に人生を振り返っているわけでもなく、単に順番が来るのを待っているのだった。

近づいていくと、男が振り返った。なぜだかは分からないけれど、浮かない顔をしている。悲しげな視線で僕を見たのだった。状況を見ると、その理由は目の前の鏡が曇っていることではないと思う。

EN

マイメンシンってどこ?

PHOTO DATA

No

8561

撮影年月

2009年9月

投稿日

2014年05月31日

撮影場所

マイメンシン / バングラデシュ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM