長崎にある鎮西大社諏訪神社の参道には鳥居がいくつも建ち並んでいた

鎮西大社諏訪神社の鳥居
長崎の諏訪神社で撮影
関連する写真

鎮西大社と呼ばれることも多いこの神社の正式名称は諏訪神社だ。諏訪神社だけに御祭神は建御名方神とその妃神である八坂刀売神だ。

長崎市の丘の上に建つ拝殿に向かって伸びる参道の両脇には住宅が迫っていた。かつては家が建っている場所も神域だったに違いない。でも、都市化が進むに連れて浸食されてしまったのだろう。参道だけが残された場所のようだった。そんな参道には今でも参道であることを誇示するかのように石造りの立派な鳥居が並んでいた。

鳥居越しにまた別の鳥居が見える。鳥居の見た目はそれぞれ異なっているから、それぞれ建てられた時代が異なるのかもしれない。使用されている石材も違う。白っぽい鳥居もあれば、黒っぽい鳥居もあった。統一感の欠如がかえってこの神社が地元に人に慕われていることの証のような気がした。

ENGLISH
2007年5月 建築 長崎
参道 長崎市 神社 鳥居

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

917

撮影年月

2007年3月

投稿日

2007年05月26日

更新日

2021年05月26日

撮影場所

長崎市 / 長崎

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

長崎にある諏訪神社ってどこ?

Prev & Next