原爆資料館の窓と影

原爆資料館の窓と影
長崎の原爆資料館で撮影 オザワテツ

廊下をシルエットが歩いていた

公園の端に原爆資料館は建っていた。ここには1945年にこの町に投下された原爆に関わる資料が多く展示されている。見ていて気持ちのよくなるものではないけれど、何故核兵器を使用してはいけないかを知るためには必見だろう。入り口はドーム状になっていた。そして、壁に沿って螺旋状の通路を設けられている。

見上げると、通路を男のシルエットが歩いているのが見えた。男の上の方には窓も見える。そして、骨組みの影が壁に落ちていた。何故だか分からないけれど、ふと広島の原爆ドームを思い起こした。ここは長崎なのに。

EN

長崎にある原爆資料館ってどこ?

PHOTO DATA

No

913

撮影年月

2007年3月

投稿日

2007年05月22日

撮影場所

長崎市 / 長崎

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る