この大学の門は巨大だった

慶応大学の東門
東京の田町で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

大きなアーチが見えた。慶応大学の東門だ。週末だったので、キャンパスは閑散としているようで、東門も時折大学関係者と思われる人が通り抜けるだけだった。

アーチ状の門の両脇にはイオニア式の柱がそれぞれ2本立っている。古代ギリシャの建築の影響は流れに流れて、この極東の国までも及んでいるのだった。この建築様式が最初に採用されたのは紀元前500年位のことというから、もう2500年くらい使われている。もし意匠権なるものがあったなら、発案者は大金持ちになっていただろう。

ENGLISH
2015年12月 建築 東京
アーチ 田町

慶応大学ってどこ?

PHOTO DATA

No

9605

撮影年月

2015年9月

投稿日

2015年12月27日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

田町 / 東京

ジャンル

建築写真

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ