暗闇のインスタレーション

タカ・イシイギャラリーの内部
東京の六本木にあるタカ・イシイギャラリーで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

ギャラリーの暗闇の中にインスタレーションが設けられていていた

六本木にそびえる六本木ヒルズの脇を抜け、路地を進んだ先にギャラリーが集まったビルがある。大きくはないけれど、小山登美夫ギャラリー、シュウゴアーツ、タカ・イシイギャラリーが入ったなんとも豪華なビルだ。

それぞれ得意分野は違えど、みな現代アートを扱うギャラリーだ。現代アート。そう聞くだけでなんだか難しそうな気がしてしまう。もっともアートが何なのかということもきちんと理解できていないのに、現代アートを理解するのは高望みなのかもしれない。なにはともあれ美術館にある冷蔵保存されているようなアート作品ではない、今この時を表すアートというものを観にやって来たのだ。

見ただけで作者の制作意図などが分かるわけもなく、僕はただギャラリーの中を歩いていた。思いの外、ギャラリーを訪れる人は多かった。僕以外の人は、誰も彼もが現代アートに慣れ親しんでいて作品を堪能しているかのように思えた。考える必要はなく、感じられればいいと思って来たのだけれど、何かを感じられたのかどうかも怪しかった。

ENGLISH
2021年7月 町角 東京
暗闇 人影 六本木 シルエット

タカ・イシイギャラリーってどこ?

PHOTO DATA

No

11965

撮影年月

2020年12月

投稿日

2021年07月12日

更新日

2021年08月10日

撮影場所

六本木 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ