浅草寺の本堂から出てきた女の子は花を手にしながら不安そうな顔をしていた

花を手にする女の子

東京の浅草寺で撮影

関連する写真

浅草寺の本堂の出入り口に立っていた。お参りに向かう人は次から次へと本堂の中に消えていくし、お参りを終えた人は次から次へと本堂から出てきていた。参拝を終えた人びとは心なしかみな清々しい顔をしている。そんな光景を眺めていると、この本堂は次から次へと人びとを飲み込んで、顔を清々しく変えた後で吐き出し続ける機械のような気がしてきた。

しかしながら、いつも誰でも清々しい顔に変えられるというわけでもなさそうだ。ふと視線を上げると参拝を終えた人混みの中に女の子が見えた。本堂から出てきた女の子は手に一輪のを持っていて、どこか不安そうな顔だった。清々しく変える機能が働いていない。キョロキョロしている女の子を見ていると、いかに信仰を集め強力な本堂であっても清々しい顔に変えられないこともあるのだと知らされた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2007年6月 人びと 東京
浅草 女の子 浅草寺
浅草で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

953

撮影年月

2007年5月

投稿日

2007年06月28日

更新日

2021年11月12日

撮影場所

浅草 / 東京

ジャンル

スナップ写真

カメラ

CANON EOS 1V

浅草寺ってどこ?

Prev & Next