線路の向こうの横断歩道

新宿大ガードの向こうに見える横断歩道
東京の新宿で撮影 オザワテツ

歩行者が横断歩道を渡り始めるのが見えた

目の前にはJRの線路が上を走っていて、下を靖国通りが通り抜けている。もっとも、靖国通りはこのガード下を通り抜けるやいなや、青梅街道と名前を変えてしまうのだが。ここは新宿大ガードという。「大」という名が付くだけあって、このガード下は長い。お店もないし、歩道も薄暗い。黙々と通り抜ける人びとの姿は薄暗くてはっきりとは見えない。その一方で、ガード下の向こうに見える横断歩道を渡る人びとの姿は見えるのだった。

一般的に橋は世界と世界を繋ぐものとして捉えられることが多いのだけれど、ここでは橋が世界を分けているように思える。僕のいるところは歌舞伎町があって、ごちゃごちゃしている世界で、副都心のある向こう側は整理整頓された世界が広がっているようかのようだ。そして、もちろん僕が落ち着くのはごちゃごちゃした方のようだった。

EN

新宿大ガードってどこ?

PHOTO DATA

No

10318

撮影年月

2017年7月

投稿日

2017年10月19日

撮影場所

新宿 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ