南口の歩行者たち

新宿の通り

歩行者たちが眼下で蠢いていた

東京の新宿で撮影。

駅近くの甲州街道の歩道に立ち止まって、下を行き来している人びとを眺めていた。ビルとビルの間にある道は真っ直ぐに東口の方へと伸びている。その道のほとんどはビルの影の中に入っていた。往来の人びとはみな蠢いている。駅から出てきた人、駅に向かう人、歩いている目的はみな人それぞれだ。そして、一瞬足りとも同じ様相を呈することはない。

欄干に寄りかかりながらそんな光景を眺めていると、今見ている人たちと同じ人たちを見ることは二度とないという事実が、僕をちょっと不思議な気分にした。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
9733
撮影年月
2016年2月
投稿日
2016年05月04日
撮影地
新宿 / 東京
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2016年5月 町角 東京
使用カメラ
SIGMA DP2 MERRILL
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP