サイクルリクシャーの車輪と額の広い男

サイクルリクシャーを修理する男
インドのマルダで撮影 オザワテツ

額の広い男は道端の工房でサイクルリクシャーを修理していた

おでこの広い男がマルダの道端にあった工房で働いていた。工具が男の周りに散らかっていて、前にはリクシャーの車輪が置いてある。男はサイクルリクシャーの修理屋だった。

あれだけ多くのサイクルリクシャーが町中を走っているということは、それだけ故障してしまう車両も多いに違いない。インドで町を歩いていると、ときどきサイクルリクシャーの修理をしている男を見かける。この男の商売もそこそこ忙しいようだ。

工房の前で立ち止まって男の作業を見ていると、男はちゃんと修理出来ているか、確かめるかのように車輪を回転させ始めた。そして、車輪がカラカラ周っている間に、ちらっと僕を見たのだった。

EN

マルダってどこ?

PHOTO DATA

No

7909

撮影年月

2011年6月

投稿日

2013年09月21日

撮影場所

マルダ / インド

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM